情動と結びついた鼻炎

 

情動と結びついた鼻炎というのがありました。

 

セッションで現在の症状にアプローチしていくと、現在の症状を出しているエネルギーが改善したら、過去に炎症を起こして硬化した組織が、蓋が外れたように反応を出してきます。

 

こやって年齢を退行しながらセッションは進んでいくことになりますが、このときに、炎症ではなく、情動と密接に絡んだことを知らせる反応が出てくることがあります。

 

なにかの感情や、状況(ストレス)に対する思い込みが引き金となって身体的な反応を出すように定着してしまったようです。

 

 

これもなにかへの防御反応で、ひとつのホメオスタシス化しているのでしょうか。

 

 

情動が自律神経に影響を与えている例ですね。

 

 

まだ途中ですが、生後3日めというところまで来ています。