お伊勢参りのルート③

いよいよ内宮です。

御手水場はありますが、五十鈴川でお浄めしましょう。

さあ、見つけにくいですが、右手に向かうと滝祭神が祀られていて、ここに詣でるのがものすごく重要なポイントです。

ここは「お取次ぎさん」と呼ばれるそうで、「これこれこういう者が今からお参りします」と天照大神さまにアポイントをとってくださいます。約束を取りつけていただくわけですから、相当重要なポイントなんですよ。

次は別宮風日祈宮です。

天照大神は日の神で、火の気質をもった神なので、風の力で大きくさせてくれます。

風のパワーをいただいて正宮参拝です。

ここでも外宮と同じで、正宮では感謝、お願い事は荒祭宮で唱えます。

ここまでで感謝で胸がいっぱいになって、もう十分に幸せだという気持ちになるのですが、お伊勢参りはまだ終わっていません。

伊勢志摩スカイラインに沿って車を走らせた山頂に伊勢神宮の鬼門を守り、神宮の奥之院といわれる朝熊岳金剛證寺があります。

伊勢音頭に「お伊勢に参らば朝熊をかけよ、朝熊かけねば片参り」とあるように、ここでようやく完結します。

タクシーの運転手さんも「片参りにならんでよかった、よかった。これで願いも叶うよ」とおっしゃっていましたよ。

ぜひ行ってみてください。


奥之院