さらなる可能性を part4

iハーモナイズセラピーのひとつである脳脊髄液に関するセラピーの中の、第二段階である「若返り」について書いていきます。

その前にちょっと、第一段階-「健康」についてのおさらいです。

内臓などでの脳脊髄液の吸収不足による渋滞が解消され、頭蓋骨から脳脊髄液が排出されると、脳や器官は圧迫から解放され活性化するので、機能が上がっていきます。

頭は小さくなりますが、これまで圧が高くて頭蓋骨内に入っていきにくくなっていた血流量や取り込める酸素量は増えています。

こうやって身体を良い状態にしながら、生きる力である脳幹にも力をつけていきます。

これが「健康」な状態です。

 

さて、次の段階が「若返り」でしたね。

健康な状態からさらに良い状態に進めます。

組織の若返りです。

 

体内ウィルスや様々な要因で時間をかけて硬化を起こした、つまり、老化してしまった器官の組織の柔軟性を蘇らせるのです。

脳脊髄液を積極的に増産させながら行っていきます。

だから、脳脊髄液の循環が良い人、脳幹が強い人でないとできないのです。

第一段階をクリアしている人でないと無理なのですね。

 

次回は第三段階―「能力開発」です。