もっと脳は大切にされてもいい

きのう、「えっ?」と思うものを見つけました。

頭を触るだけで

・頭の中のお喋りが止まる
・感情や前世からの情報を解放できる
・PCの不要なファイルを削除するのと同じように、脳に溜まった不要な情報を削除できる

しかもたった一日でこの技術がマスターできて、人に施術ができる!!ということです。 怖いです。

あの極上のリラックス効果が得られるクラニオセイクラルセラピーは、熟練するのに相当な時間を要します。

中枢神経系である脳は、ものすごくデリケートで、且つ、司令塔ですからどれだけ大事なところかはおわかりですよね。

触り方が悪ければ、頭蓋骨はロックして脳脊髄液の流れは悪くなります。

第一頸椎に触れてしまえば、体調は一気にガタガタになるのです。

 

かつて私も1年間かけて、頭蓋骨を触って鬱を治療できるというセミナーに通ったことがありました。

その先生のところには、年間1万人を超える患者さんが来られるらしいです。

結局、硬膜や頭蓋の歪みを取って脳脊髄液を循環させることで自律神経を整え、体が楽になってくるということです。

ひと言で「脳」と言っても、複雑に区分されていて、そのはたらきも実に特有です。

だから、頭を触るだけでは、

・くよくよしなくする
・人前に出られるようになる
・やる気がでる
・感情の解放が起きる??

とは言えないのでは。

それらをそれぞれに担当している脳の部分の内分泌系、神経伝達物質、その部分自体の機能、萎縮に直接ピンポイントで働きかけているとは言えないのでは。

上手くいけばそのうちに、脳のその部分の機能が回復するということなのでしょう。

以上のことに画期的な革命をもたらしたのがiハーモナイズセラピーです。

 

Peacemaking Consultant Haleakala

「自分と仲直り」がすべての鍵

iハーモナイズセラピー