コペルニクス的転回

科学者たちは100年も前に、なにもないように見えるこの空間に

エネルギーフィールドが存在していることを発見しました。

 

 

あらゆる物質が分子・原子からできているというのは学校で習い

ましたが、原子よりももっと内側の小さな世界を科学するのが

量子力学です。

 

 

超ミクロの世界を超高速でうごめくエネルギーの世界です。

 

 

たとえエネルギーがよ~くわからんという感じだったとして

も、私たちの肉体ですらミクロの世界までいくとエネルギーな

わけです。

 

 

すごいですよね。

 

 

180度物事の見方が変わってしまう、コペルニクス的転回と

いったところでしょうか。

 

 

天動説を唱えていた時代もありましたしね。

 

 

でも、今では携帯にメールが届くのはあたり前で、

 

「嘘だ  俺は信じないぞ」と

 

頭をかきむしる人はいませんからね。

 

 

 

で、この原子の内側の世界、つまり素粒子なんですが、

私たち観察者が観測しようとするとき、位置が確定する。

 

 

人が注目を注ぐと、動きに影響を与えるということが

科学者によって証明されているわけです。

 

 

つまり、意識は物質に変化を与えるということだそうです。

 

 

量子力学は「意識」という概念なくしては存在することが

できないのだと。

 

 

これはスピリチュアルではなくて、普通に科学です。

 

 

もっとたくさんのことが証明されてくるのが待ち遠しいです。