今年はなかった「4月の憂鬱」

4月の憂鬱 子供編でブログに書いた中学生の女の子のお母さまから、お電話をいただきました。

昨年の4月から不調が始まり、不登校になっていましたが、私のセラピーを受けたからなのか(?)、学校に行けるようになっていました。

そしてやってきた今年の新学期、4月の憂鬱はどこへやら、無事に1学期を終えましたというご報告でした。

よかったです。

遠隔で脳やエネルギーの調整のみでカウンセリングをしていなかったので、元に戻るかなと思っていましたが、お伝えしていました娘さんへのカウンセリングのポイントを、私の代わりにお母さまがずっとされてきたのだなあと思いました。

また、お母さま自身をカウンセリングしたこともよかったと思います4月の憂鬱 母親編

今回も明るい声と、さらに脱皮した親子の頼もしさを感じることができました。

でもやっぱり、お母さまのもの忘れ(^^;)。もう一度受けたほうがいいかもしれませんね。

 

Peacemaking Consultant Haleakala

「自分と仲直り」がすべての鍵

iハーモナイズセラピー