脳の奴隷になったままでいいの?

みなさんは自分の脳をモニタリングしたことがありますか。

ほとんどの人が「ある!」と答えるでしょう。

自分はいま悩んでる、怒ってる、こんなことを考えていると。

では、どんな思考パターン(発火パターン)がありますか。

実際にあなたの脳はどんなパターンをたどって、ものごとを認識し、記憶を定着させたり引っぱり出したりしているのでしょう。

 

あの人と私は違うのかしら?  はい、違います。

 

あなたの脳は常に誰かの心配をしたり、怒ったり、焦ったりしていませんか。しかも、静かに過ごしているときに。

それが普通の状態なので、気づいてもいないでしょう。

それは脳の過活動です。

慢性的にその状態にある人に対しては、アロマやリラックス効果のあるものでも、過活動を鎮めることはできません。

その領域を超えてしまっているからです。

過活動が長い人は増幅をくり返しているので、本人も苦しさのあまり、怒りの激しさは増していきます。

でも、それすら増幅の助けにしかなっていないのです。

このまま脳の奴隷でいつづけますか?

 

Peacemaking Consultant Haleakala

「自分と仲直り」がすべての鍵

iハーモナイズセラピー