4月の憂鬱 子供編

4月といえば入学や転勤など、新しい環境や人間関係に適応するために普段以上のエネルギーを消耗し、ストレスの多い時期です。

こんな時期こそ何事もなく乗り切ってほしいという親の願いも虚しく、必要以上に苦しみを抱え、毎日が綱渡りのようになんとか日々を過ごしている子供たちは、少なくはありません。

ちょうど1年前に、中学受験をして希望する学校に入学したばかりの娘さんをもつ女性もそんな悩みを訴え始めました。

娘さんは、友達ができるかどうかの恐怖と、日々こなしていく宿題とでヘトヘトの毎日だったようですが、学校に行きたくないと言いながらも、徹夜をしてまで宿題をやり遂げると聞きました。

わずか中学1年生でですよ。すごい頑張り屋さんですね。( うちの子はサザエさんのかつおタイプでしたので… )

ですが、1学期でポッキリ折れてしまったそうです。

その母親から電話で相談を受けたのは、晩秋だったと思います。

母と娘をそれぞれ遠隔で診て(エネルギーに時間や距離は関係ないのです)、iハーモナイズセラピーをしました。

娘さんには、膵臓、左の側頭骨と頭頂骨の歪み、脳は左側の側坐核と尾状核のエネルギーに不調和がありました。
側坐核からは、やる気喪失や楽しくない気分、引きこもりや不登校にもつながりかねません。
尾状核は、小さなことが気になったり、強迫観念につながっていきます。

腰椎4番とその下の椎間板のズレもありました。椎間板がずれていると、落ちた気分がなかなか上がっていきません。

本人が努力しようと思っても難しいのです。

体を包んでいるエネルギー体は2層ともダメージがあり、負の感情や思考が止まらない状態でした。

エネルギーの入り口のチャクラも、ルート、セイクラル、ソーラ、ブラウチャクラの詰まりやズレが生じていました。

かなりきついでしょうね。

お母さんには、「本人とチャクラカウンセリングをしないと結果はわかりませんよ」ということを了承してもらって遠隔をしました。

続きます。

 

Peacemaking Consultant Haleakala

「自分と仲直り」がすべての鍵

iハーモナイズセラピー