ポイントをついたカウンセリングだから

先日、懐かしい友人とたっぷり半日を一緒に過ごしました。

自由が丘で10年ぶりのプリクラを撮ってみましたが、盛れますね~。

お見せできないのが残念です。

 

〆は中目黒の居酒屋さんでじっくりと語り合いました。

学生時代の友人は一瞬であの頃に戻れるので、飾りっ気なし。心が解放されます。

聞くと彼女は何年も前に肩を脱臼して、治療で固定をしていたら腕がまともに上がらなくなったと言って、やってみせてくれましたが、ほんとに耳から60度くらいの角度しか上がりません。しかも、マニュアル式のギアを入れ替えるようなかんじです。

それで話し込むうちに、いつの間にかプチカウンセリングになっていました。

胸から喉から、閉じ込めていた想いを解放してもらいました。

涙といっしょに... 泣き上戸だったのか~^^ いえいえ、カウンセリングではこうなるのが普通なんですよ。

 

そして1週間後、セッションを希望して来てくれました。

なんと、セッション前に確認のため腕を上げてもらったら、すでにかなり改善していました。

少しぎこちなさはありますが、前回は斜めに上げていたのが、今回は前から背泳ぎの要領で上げているではありませんか!

前回のカウンセリングで胸と喉のチャクラからエネルギーが入るようになったことで、自然治癒力が高まったからなのです。

逆に言えば、心の問題がそこまで治りを悪くしていたということなのですね。

そのあとセッションで、筋肉や収縮していた肩の関節包、滑液包の不調和を整えたら、腕は耳にくっつくようになっていました。

すごいわ~!!

でも、長い間筋肉の動きが悪い状態だったので、しばらくは腕ふり体操をしてもらうようにお願いしました。

さぼらないでね^^

 

Peacemaking Consultant Haleakala

「自分と仲直り」がすべての鍵

iハーモナイズセラピー