世界最先端の頭蓋骨整復法と脳脊髄液調整のセラピー

不調の原因は「脳(自律神経)と内臓の疲労、頭蓋骨の歪み、そして体液循環の停滞」にあります。

■ 頭蓋骨整復法と脳脊髄液調整のセラピーでの健康の定義

脳が十分に活性化している

活性化しているインパルスは瞬時に末端まで伝達され、末端で起こっていることはただちに脳に伝えられ、脳は各所の器官が適切に働くようにコントロールします。
人間の身体をコントロールする機構はこのような神経による伝達ともう一つは内分泌(ホルモン系)による伝達です。この2つの伝達がうまく機能していなければ健康とは言えません。脳がしっかりしていないと末端の機能は低下し、または機能異常を起こします。神経は疲労し、組織はやがて衰弱して変性萎縮を起こすことになります。

すべての体液の循環が正常である

体液(水分、血液、リンパ液、脳脊髄液等)がいつでも滞ることなく循環していなければなりません。体液の循環の滞っている部分がその人の疲労している部位であり、機能が思うように発揮できない部位であり、疾病、障害の部位となります。

 

■ セラピーの方向性

症状をとる

脳血流を改善し、脳を活性化させることによって、症状を楽にします。「治ろうとする力」を発動させます。

過去の古い症状をとる

過去に起こした炎症と組織の硬化は層のように古いものから積み重なっていると想像してみてください。脳機能が活性化すると、治す力が高まるので、新しく出た症状がとれると、その下の古い層のものを治そうとし始めます。

若返り

生活習慣病といわれるものは、生活習慣で起こるのではなく、老化で起こるものです。老化した脳、内臓、筋肉などを若返らせることで、症状の再発を防止することができます。

能力開発

胎内にいたときにできた誰にでもある先天的な頭蓋骨の歪曲を整復し、頭蓋骨と脳の柔軟性を取り戻すことによって、本来もっているはずの才能を呼び覚まし、伸ばすことができます。
先天的な頭蓋骨の歪曲によって、末端の器官にも影響(体質や精神的な悩みやすさなど)が出ているまま成長して、それ以外の自分の最高の状態を知らずに生きてきましたが、本来もっていたはずの健康な体の状態、能力、感性、情緒は、まだまだそんなものではありません。

 

■ あなたの頭は「大きく」「硬く」「四角く」なっていませんか?

▼ 施術後は頭が小さくなっています




科学性をもった理論と技術に基づいています

頭蓋骨の中で停滞していた体液(水分、血液、リンパ液、脳脊髄液等)を排出させ、内臓、神経、筋肉などの末端器官で吸収できずに渋滞している体液の循環を正常に戻すことで、頭は小さくなります。脳の圧迫ストレスが取れるうえに、新しい血液や酸素まで脳が取り込めるようになり、活性化します。

弱っていた脳幹を元気にさせ、脳脊髄液を新しく増産できるようにしていきます。

セラピーを受けられた方には、ホームケアをお教えしています。
ホームケアで脳組織全血流量が約15パーセント上昇することが認められています。

無料説明会を開催していますので、スケジュール表でご確認ください。